永年勤続表彰

弊社のお客様が今年10月で30周年を迎えられました。

 

30年の間には様々なご苦労がおありだったと思いますが、本当に素晴らしいことです。
なお、これを機に勤続30年、20年、10年の社員の方を対象に「永年勤続表彰」をされた
そうです。

 

また表彰に合わせて粋な贈り物をされており、弊社も15周年には、ぜひ真似たいと思い
ました。

インターンシップを終えて

8月21日から9月1日までの2週間、学生さんのインターンシップを受け入れて
いました。

期間中の課題は、設計書に従いプログラムを作り、テストを実施することです。
未経験のプログラミング言語でしたが、予定よりも早く完成したので2週目は
自由課題としました。

自分が作りたいプログラムを作り、最終日に完成したものを披露してもらい
ましたが、我々では思いもよらない発想が垣間見えていましたよ。

今回のインターンシップを通じて当社のこと、IT業界のことが少しでも
理解してもらえたのなら幸いです。

会社説明会&交流会参加

福井市内の大学で開催された「会社説明会&交流会」に参加してきました。
今年の説明プレゼンは本学のOBでもあるTくんにお願いしましたが、約60名の
学生さんを前に先輩として貫禄を見せてくれました。

説明会の後は場所を変えての交流会。こちらは飲食しながらということもあり
ざっくばらんに話ができたと思うのですが、どうだったでしょうか?

いずれにしても、なかなか短時間では伝わらないと思いますので、ぜひ一度
エルフを訪問していただきたいものです。

特別講演「トランプ政権と日本経済の行方」

昨今の緊迫した世界情勢の中、表記講演が先日行われましたが
テーマもさることながら、講演者の軽妙な語り口に引き込まれた
90分間でした。

側から見ていると大統領に当選したことは非常に意外でしたが、
国民が思っている不満を代弁したトランプ氏が当選したことは、
至極当然のことだったようです。

一見暴言を吐いているようですが、「失敗を恐れず、やってみる」。
これが彼の信条であり、
「自国(自分)のことは自国(自分)で何とかしろ」。
これが本心のようです。
まあ正直、本当のところは分かりませんが・・・。

国も個人も、そして会社も相手云々ではなく、自分で考え、自分の
意思で行動することが肝要ということですね。

竹田川でルアー釣りを体験しました。


週末、「本格派釣り体験教室」に参加してきました。

プロのインストラクターの方にルアーの投げ方など釣り方を教えてもらい
約2時間、自然の中で過ごしました。

ウェーダーやライフジャケットを着用、川の中へ入っての釣りは想像以上に
足腰に堪え、次の日は筋肉痛・・・。

残念ながら成果はゼロでしたが、普段とは違う環境の中、有意義なひと時
でした。

なお、今回の「釣り教室券」は当社が開発したフィッシュパスのアプリで購入、
自らデバックしたことを付け加えておきます。(www.fishpass.co.jp)

明けましておめでとうございます。

元日、初詣に出かけましたが、穏やかな天気の
影響もあってか、例年より人出が多いようでした。

さて今年は、10周年を迎える節目の年となります。
10周年だからと言って特段、身構える必要はなく
これまで通り、地道かつ確実に実績を積み上げて
いくだけですが、次の5年10年を見据えた一年に
したいものです。

具体的には・・・
昨年後半に立ち上げた新規事業は、諸事情により
撤退を余儀なくされましたが、今年も新しいことに
チャレンジしていきます。また、守りも固めるべく
管理面も充実させていきます。

兎にも角にも、10周年に相応しい飛躍の年に
しましょう。
余談ですが、今年のおみくじは《大吉》。記憶して
いる限り、初めてです。

img_0677

京都企業視察

今回は視察企業と合わせて、【京都試作ネット】の取り組みについて
お話をお聞きすることができました。

【京都試作ネット】は京都の様々な業種の企業が集まって、ユーザの
課題を解決するための支援を行おうとするもので、全ての問合せに
「2時間レスポンス」で対応しているとのことでした。

また、試作品である以上、毎日違うことを行う(違うものを作る)ことに
なるわけですが、このことが「自分達の成長につながっている」と
おっしゃっていたことが印象的でした。

写真はもう一箇所の視察先である、【島津創業記念資料館】ですが
明治時代のレントゲン装置など医療機器や産業機器が展示されて
いました。

この日は、日本の”ものづくり”技術の凄さを垣間見る一日でした。

img_0676

「セミナー受付システム」本番!!

今年6月より開発しておりました「セミナー受付システム」が、11月3日に
本番を迎えました。

受付端末15台、来場者数6000人の緊迫した雰囲気の中、ソフトウェアの
不備はなかったものの、本番ならではのトラブルもあり、一時は緊張が
走りました。『冷静に対応すること』が如何に大切であるか、再認識した
一日でした。(担当者談)

dsc_0018

なお使用したのは、50インチの4Kモニターです。

【追記】
後日、お客さまより
『本当に助かりました。』
『感謝の言葉も尽きません。』
と嬉しいお言葉をいただきました。

 

【F-ACT】(ファクト)に掲載されました。

ふくい産業支援センター発行の情報誌【F-ACT】に、現在開発中の案件が
事例として紹介されました。

本案件は、大きくは遊漁券をスマホなどからオンラインで購入するための
販売サイトと、コミュニティ・サイトの2種類から構成されています。

現在は試験運用中で、3月の本稼動に向けて開発が佳境となっています。
なお、当面の目標ユーザ数は県内を中心に2000名ですが、全国を視野に
さらなる拡張を目論んでいます。

img_0675

派遣元責任者講習を受講しました。

朝から夕方まで休憩を挟んで約6時間、密度の濃い講習でした。
「講習会を開催するには、どのような資格がいるのだろうか?」
「自分にもできるだろうか?」

現在、需要が高いであろうことが予想される講習だけに、
不謹慎にもこのようなことを考えてしまいました(笑)

IMG_0664